上下顎前突・叢生
習志野市奏の杜
30代女性 

      2019/10/16

患者さんのご要望と治療結果

上顎1番が前に突出して捻転(ねじれ)していて、口が閉じにくい状態になっている上下顎前突叢生ケースです。患者さんの主訴は「前歯をキレイに揃えて口元を引っ込めたい」でした。

上顎右側4番、左側5番(根管治療をした歯を優先的に抜歯します)、下顎右側5番、左側4番を抜歯することで排列スペースを確保し、歯科用アンカースクリュー(TAD)の使用により効果的に臼歯関係、側貌の改善をしました。

機能的、審美的な改善が達成され、現在も安定した咬合を保っています。親不知は抜歯予定です。


症例紹介

診断名:上下顎前突叢生症例
年齢:34歳 治療期間:2年6か月
治療に用いた主な装置:
◎マルチブラケット
◎歯科用アンカースクリュー
抜歯部位:上顎右側4番、左側5番、下顎右側5番、左側4番
治療費:¥702.000- (通院費¥5.400別)
リスク・副作用:こちらをご覧ください


症例写真

治療前

治療前

治療中1

治療経過

治療後

治療後

 


症例NO.30

症例を検索する
年代
治療内容
症状(矯正)


もりざわ歯科・矯正歯科:https://www.morizawa-dental.jp/

〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜3-3-1 ディナモ・ボア1階
お車でお越しの方 JR総武本線「津田沼駅」徒歩7分 京成本線「谷津駅」「京成津田沼駅」徒歩9分
バスでお越しの方 奏の杜3丁目バス停留所すぐ


TOP