小児矯正|見えにくい矯正に特化し、お顔の変化を意識した細やかな矯正治療を行なう津田沼(奏の杜)のもりざわ歯科・矯正歯科

047-474-1180 平日 10:00〜13:00/14:30〜19:00
土日 9:30〜12:30/13:30〜18:00
【休診日】火曜・祝日 ※日曜は隔週診療
ご予約・
お問い合わせ

小児矯正

Child

お子さまにとって本当にメリットがあるのか、
丁寧な診断と説明を行ないます
Child

お子さまにとって本当にメリットがあるのか、丁寧な診断と説明を行ないます

お子さまの矯正治療でもっとも大切になるのは、治療を始めるタイミングです。子どものうちから治療を始めるとさまざまなメリットがありますが、ただ早く始めれば良いというわけではありません。一人ひとりの骨格や口元の出方などにより、治療を始める時期は異なります。治療する時期が早すぎると、治療期間が長くかかったり、必要のない治療になったりします。当院ではお子さまの状態を丁寧に診察し、治療すべきタイミングをお伝えします。場合によっては「もう少し待ってから矯正治療を検討しましょう」とお話することもあります。
また、なるべく抜歯をしない形で矯正治療ができるよう治療計画を立案します。子どもの成長力を利用すれば、歯を抜かずに治療できるケースもたくさんあります。ただし、抜歯をした方が良い場合もありますので、お子さまにとってどのようなメリットがあるのか診断し、保護者の方にも丁寧に説明します。不明点や疑問がありましたら、些細なことでも結構ですのでお聞かせください。

本当に必要になったとき、矯正治療開始をおすすめします

本当に必要になったとき、矯正治療開始をおすすめします

お子さまは成長期にあり、ある程度顎のバランスをコントロールしながら矯正治療を進められるというメリットがあります。
しかし「治療を始めるのが早ければ早いほどよい」というわけではありません。お子さまの骨格や口元の状態などにより、治療を始めるべきタイミングは異なります。
例えば、歯が大きいためにガタガタに並んでいるケースでは、顎のスペースを広げて一時的に歯並びを良くしたとしても、12歳臼歯が生えるとスペースが足りなくなって歯並びが崩れてしまいます。出っ歯のケースでも、永久歯になってから抜歯をすることで口元の見た目がよくなり、お口も閉じやすくなることがあります。

そのため、カウンセリングの際に「いまは治療を始める時期ではないので、もう少ししてから改めて検討しましょう」とお話することもあります。保護者の方としては「本当に早く治療を始めなくても大丈夫か」という心配もあると思います。歯科医師より、なぜ治療を始めるタイミングがいまではないのか、丁寧に説明いたします。

また、当院では、お子さまの症状やご本人の性格も把握し、一人ひとりに適した治療方法を考えていきます。保護者の方も、矯正治療についてイメージが湧かずに不安を抱えることもあるかと思います。
院長も2人の子どもをもつ親であり、お子さまや保護者の方に寄り添っていきたいと考えています。一方的に治療方針をお話するのではなく、ご希望や不安をお伺いしながら治療にいかす『二人三脚での治療』を進めてまいります。

前歯が生え代わるころに歯列拡大を

前歯が生え代わるころに歯列拡大を

永久歯が生え揃う前の矯正治療には、どのような効果があるのでしょうか。乳歯が混在しているころから治療を始める大きなメリットは、お子さまの成長力を利用して、歯の生えるスペースをある程度拡大できる可能性がある点です。
顎の拡大は、およそ7~8歳の前歯が生え変わるタイミングがもっとも良いとされています。10歳を過ぎると顎を広げられなくなるので、歯を並べるためのスペースを確保する意味でも、早期治療が有効な場合があります。
顎を拡大するのはこうした目的のほか、鼻呼吸を確立させることにもあります。上顎を広げると、その上にある鼻腔も広がります。それによって気道が確保されて鼻呼吸がしやすくなります。

トレーニングのみで歯並びが改善することも

トレーニングのみで歯並びが改善することも

「いつも口が開いていて口呼吸をしている」「指しゃぶりをしている」「唇を噛んだり吸ったりしている」……。お子さまにこのような癖は見られませんか?
こういった行動は、歯並びを悪くする原因になります。歯科医院での指導を受けて歯並びに影響する癖を直すことで、歯並びが改善することがあります。
当院では通常の矯正治療に加えて、癖を直すトレーニング(MFT)にも力を入れています。
トレーニングは大人の患者さまにも行なっていますが、お子さまは順応性が高いのでこうした癖も割りに早く直せます。

受け口の場合に使用する矯正装置『上顎前方牽引装置』

受け口の場合に使用する矯正装置『上顎前方牽引装置』

下の歯列が上の歯列より前に出ている状態を受け口といいます。お子さまが受け口になっていると、保護者の方も心配されるのではないかと思います。
受け口は、上顎の骨が充分に発育していないことに起因するケースが多く見られます。この場合に使用される矯正装置が『上顎前方牽引装置』です。これはお顔に装着する装置で、お口の中の装置を連結して牽引力をかけます。1日14時間ほど使用していただき、連結に使用しているゴムも1日1回交換します。半年から1年ほど装着し、骨格を再確認します。
上顎骨の発育は、およそ10歳でピークを迎えます。その後は成長が収束していくので、上顎前方牽引装置を使用できる年齢には上限があります。そのため、お子さまの年齢によっては使用できない可能性がありますので、ご了承ください。

お母さまへ、ご協力のお願い

お母さまへ、ご協力のお願い

お子さまの矯正治療ではご本人だけでなく、保護者の方のご協力も不可欠になります。なかでもとくにお願いしたいのが、お子さまの普段の様子や言動をそのまま私たちに伝えていただくことです。

歯科医院に来たときには平気にしていても、ご自宅では様子が違うこともあります。とくにリラックスしているときほど、お子さまの個性が現れます。怖がりな子や大胆な子など、いろいろな性格がありますが、当院ではその子の個性に合わせて矯正の負荷のかけ方などを調整し、お子さまにストレスが加わらないように工夫しています。

当院院長も2人の子どもがおり、親として子どもの様子やそれぞれの性格をよく見ています。お子さまの個性を分析しながら、ご本人が嫌がらずに治療を受けられるようしっかりサポートしてまいります。保護者の方からお話をお聞きすることもありますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

●矯正治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2週間で慣れることが多いです。
・治療期間は症例により異なりますが、成人矯正や永久歯がすべて生え揃っている場合は、一般的に1年半~3年を要します。小児矯正においては、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)に行なう第1期治療で1~2年、永久歯がすべて生え揃った後に行なう第2期治療で1~2年半を要することがあります。
・歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
・装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者さまのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
・治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
・歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
・ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
・ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
・治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
・治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
・問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
・歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
・矯正装置を誤飲する可能性があります。
・装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
・装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
・装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
・顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
・治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。
・加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
・矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。

●上顎前方牽引装置による治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・下顎が前に出ていくのを止める装置ではなく、出ていく下顎に対して上顎も前に出していく装置です。
・口元全体が突出してしまうということがある使い方の難しい装置なので、歯科医師とよく相談しながら治療を進めていくことが大切です。
・就寝時に装着するため、寝相が悪いと装置が外れてしまうことがあります。その場合は学校から帰宅して在宅時に装着していただきます。装置に慣れ、就寝時に外れなくなったら、就寝時のみ装着します。
・お子さまが治療に協力的でない場合、良好な治療結果を得られないことがあります。
・取り外せる装置なので、毎日の装着を怠ると、良好な治療結果を得られないことがあります。
・この装置だけで、お口周りの問題をすべて解決できるわけではありません。

医院案内
  1. ホーム
  2. 当院の特徴
  3. 医院紹介
  4. 初診の流れ
  1. 料金表
  2. 求人情報
  3. ご予約・お問い合わせ
  4. 医院ブログ
治療案内
  1. 舌側矯正
  2. 小児矯正
  3. マウスピース型矯正装置
  4. 歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療
  1. 表側矯正・MFT(口腔筋機能療法)・外科的矯正
  2. 一般治療
  3. 症例集

何でもお気軽にご相談ください

047-474-1180
ご予約・お問い合わせ