歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療|見えにくい矯正に特化し、お顔の変化を意識した細やかな矯正治療を行なう津田沼(奏の杜)のもりざわ歯科・矯正歯科

047-474-1180 平日 10:00〜13:00/14:30〜19:00
土日 9:30〜12:30/13:30〜18:00
【休診日】火曜・祝日 ※日曜は隔週診療
ご予約・
お問い合わせ

歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療

Implant

歯科矯正用アンカースクリューを用いた
矯正治療とは
Implant

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療とは

顎の骨にアンカースクリュー(インプラント)を埋め込み、それを固定源としてより効率的に歯を動かすための治療方法です。

通常のワイヤー矯正は、歯につけた装置がお互いに引っ張り合うことで歯を動かしていきます。この治療方法では、片方の歯だけを動かしたくても、装置をつけたもう一方の歯も引っ張られてしまうのでコントロールが非常に困難でした。

歯科矯正用アンカースクリューは固定源が動かないので、より正確に歯を動かすことができます。アンカースクリューの材質は、人工関節や人工歯根にも使われるチタンとなります。
アンカースクリューを用いることで困難とされていた歯の動きが可能となり、対応できる症例の幅がさらに広がりました。

アンカースクリューを埋め込む処置は、じつはほとんど痛くありません。

アンカースクリューを埋め込む処置は、じつはほとんど痛くありません。

アンカースクリューを顎骨に埋め込む施術は10分程度で終わります。当院で施術を受けた患者さまのほとんどが「痛くなかった」「意外と楽に受けられた」とお話されています。また、術後には抗生物質をお渡しし、アンカースクリューを埋めたところが化膿するのを防ぎます。施術を受けた後は普段と変わらない生活を送れます。

このように、アンカースクリューを埋め込むときはほとんど痛みがありませんが、そうとわかっていても不安があって治療に踏み出せないという患者さまもいらっしゃいます。患者さまの心配をなるべく取り除けるよう、どうしても施術が怖いという場合は無理におすすめしません。そのほかの治療方法をご提案できるので、不安が強い場合は我慢せずお気軽にご相談ください。

歯科矯正用アンカースクリューを用いた『顔の変化』を可能にする治療

歯科矯正用アンカースクリューを用いた『顔の変化』を可能にする治療

矯正治療をご希望される患者さまのなかには、歯並びや噛み合わせだけでなく、顔立ちなどについてお悩みの方もいらっしゃいます。ガミースマイルやE-lineが気になる場合の治療というと外科手術をともなうイメージがあるかと思いますが、歯科矯正用アンカースクリューによって『顔の変化』が可能になります。歯並びを改善することで顔立ちも理想に近づき、『自分の顔』に自信がもてるようになります。自信は表情の豊かさにも表れ、お友達とのコミュニケーションをさらに楽しめます。

ガミースマイルの改善 Gummy smile

ガミースマイルとは

ガミースマイルとは

笑ってお口をあけたときに、上の歯肉が見えすぎる状態をガミースマイルといいます。
ガミースマイルの原因は、上唇と小鼻を引き上げる筋肉の緊張なども考えられますが、骨格や歯並びも理由として挙げられます。出っ歯や口ゴボなどのように歯肉ごと前に出ていると、ガミースマイルになる可能性があります。口元の突出感を改善することで、笑ったときの口元も自然になっていきます。

歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療でガミースマイルを改善

歯肉の骨を固定源にして歯を引っ張る歯科矯正用アンカースクリューは、歯列を後方に下げるのを得意とします。出っ歯や口ゴボによる口元が突出した感じがなくなると、笑ったときに唇が押し上げられる動きが軽減して歯肉が目立たなくなります。
また、上顎の歯の位置が低いことによって歯肉が目立つというケースもあります。この場合も歯科矯正用アンカースクリューを使って上の歯を歯肉方向に引き上げられるので、ガミースマイルを改善できます。

理想的なE-line・横顔を整える治療 E-line

E-lineとは

E-lineとは

E-lineはエステティック・ラインの略称で、顔を横から見たときに鼻の先端と顎を結んだラインのことをいいます。このとき、唇が少し内側にあると『理想的なE-line』と一般的にいわれます。もし、上顎が前に出ていて上唇が突出しているとE-lineからはみ出してしまい、理想的なラインから外れていることになります。また、受け口の場合も歯列が内側に引っ込みすぎて、美しいE-lineから外れる場合があります。

歯並び+E-lineにこだわり口元を魅力的に

矯正治療をして歯列を動かすと、E-lineが整って横顔をより美しく見せられる場合があります。
もし、歯列がE-lineから外側にはみ出している場合、歯科矯正用アンカースクリューによる矯正治療が有効になります。歯を後方へ引っ張るのを得意とする治療方法なので、出っ歯や口ゴボなどの症状を改善し、歯列をきれいに並べられます。
歯並びを整えるだけでなくE-lineにもこだわって美しく仕上げ、口元の魅力をさらにアップさせます。

歯科矯正用アンカースクリューを用いた
矯正治療の種類
Type

歯科矯正用アンカースクリューを使った矯正治療には、さまざまな種類があります。
当院では、一般的によく使われている『歯科矯正用アンカースクリュー』のほかに『口蓋型矯正アンカースクリュー』(i-station)の2種類を取り扱っています。▼矯正用アンカレッジシステム i-station 医療機器承認番号:22600BZX00426000

歯科矯正用アンカースクリュー

歯科矯正用アンカースクリュー

歯科矯正用アンカースクリューは、医療用チタン合金でできた長さ7~10ミリの小さなネジです。歯を動かしたい方向の歯肉に埋め込んで固定源とし、患部となる歯を引っ張ります。
この治療方法にはさまざまなメリットがありますが、一方でデメリットもあります。ひとつの方向にしか歯を動かせないため、複雑な動きを要する場合はアンカースクリューを何本も埋入しなくてはなりません。
また、アンカースクリューを埋め込む位置や骨の質などにより、およそ1割程度の確率でグラグラして使えなくなったり、抜け落ちてしまったりすることがあります。その場合は再びネジを埋入し直します。
当院では、アンカースクリューを何本埋入しても価格を一律の55,000円(税込)に設定しているので、多くのネジを埋入しても料金が加算されることはありません。

歯科矯正用アンカースクリューのメリット

  • とても小さいネジなので施術の負担が小さく、違和感もほとんどない。
  • ヘッドギアのようには目立たないので、治療期間中も快適に過ごせる。

歯科矯正用アンカースクリューのデメリット

  • アンカースクリューを埋める位置や骨の質により、抜け落ちてしまう場合がある。
  • 複雑に歯を動かす場合は、アンカースクリューを何本も埋入する必要がある。

3次元的に歯を動かすことを可能にする口蓋型歯科矯正用アンカースクリュー(i-station)

3次元的に歯を動かすことを可能にする口蓋型歯科矯正用アンカースクリュー(i-station)

一般的な歯科矯正用アンカースクリューが一方向にしか歯を動かせないのに対し、口蓋型歯科矯正用アンカースクリュー(i-station)は3次元的に歯を動かすことが可能です。
この治療方法では2本のアンカースクリューを埋入し、あとはアームとよばれるワイヤーを装着するだけであらゆる方向に力をコントロールできます。複雑な歯の動きを求められる症例でも、2本のアンカースクリューを埋めるだけで治療できます。
また、i-stationは骨が安定している『口蓋』にアンカースクリューを埋め込むため、抜け落ちてしまうトラブルはほとんどありません。
口蓋にアンカースクリューを埋め込むことに不安を感じる患者さまもいらっしゃいます。その場合は従来の歯科矯正用アンカースクリューでできる限り対応します。

口蓋型歯科矯正用アンカースクリュー(i-station)のメリット

  • あらゆる方向に歯を動かせるので、細かい調整が可能。
  • 通常の矯正治療では改善できない症例にも対応できる。
  • 重度の症例であっても、外科的矯正をせずに改善できる場合がある。
  • 2本のアンカースクリューを埋入するだけなので、患者さまの負担が少ない。
  • アンカースクリューの定着率が高く、抜け落ちる可能性が低い。

口蓋型歯科矯正用アンカースクリュー(i-station)のデメリット

  • 患者さまによっては、口蓋にアンカースクリューを埋め込むことを不安に感じる場合がある。
●矯正治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2週間で慣れることが多いです。
・治療期間は症例により異なりますが、成人矯正や永久歯がすべて生え揃っている場合は、一般的に1年半~3年を要します。小児矯正においては、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)に行なう第1期治療で1~2年、永久歯がすべて生え揃った後に行なう第2期治療で1~2年半を要することがあります。
・歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
・装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者さまのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
・治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかったむし歯が見えるようになることもあります。
・歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
・ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
・ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
・治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
・治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
・問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
・歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
・矯正装置を誤飲する可能性があります。
・装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
・装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
・装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製やむし歯治療などをやり直す可能性があります。
・顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
・治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。
・加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
・矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。

●歯科矯正用アンカースクリューの使用にともなう一般的なリスク・副作用

・基本的には自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・骨と化学的な結合をしないため、患者さまの骨の状態や口腔衛生状態によっては脱落することがあります。
・脱落した場合は再埋入を行なうことがあります。脱落部分の骨の穴が回復するまで数ヵ月の時間を要するため、別の部分に埋め込むことがあります。
・歯科矯正用アンカースクリューは骨に埋まっていますが、その頭部は歯肉の外にあるため、ケアを怠ると骨に感染することがあります。
・歯科矯正用アンカースクリューは歯根の間に埋入されることが多いため、埋入時に歯根を傷つけることがあります。

医院案内
  1. ホーム
  2. 当院の特徴
  3. 医院紹介
  4. 初診の流れ
  1. 料金表
  2. 求人情報
  3. ご予約・お問い合わせ
  4. 医院ブログ
治療案内
  1. 舌側矯正
  2. 小児矯正
  3. マウスピース型矯正装置
  4. 歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療
  1. 表側矯正・MFT(口腔筋機能療法)・外科的矯正
  2. 一般治療
  3. 症例集

何でもお気軽にご相談ください

047-474-1180
ご予約・お問い合わせ