抜歯後、義歯(ノンクラスプデンチャー)にて噛み合わせを機能的・審美的に改善
千葉市若葉区 70代

      2018/11/20

患者さんのご要望と治療結果

初診時、上顎の右側の臼歯が無く、左側の臼歯部も咬み合わせが集中することによる歯周病でグラグラして痛みを伴っていました。

入れ歯に対して抵抗がある方でしたが、しっかりとカウンセリングを行い、左上の臼歯部を抜歯し、左右の臼歯部に入れ歯を製作することになりました。

歯が無い、咬めない時期が無いように、個人トレー(患者個人の口腔内に合わせて個別に製作された型と採る道具)と特殊な材料を使用し、抜歯する前に義歯を製作しておきました。

抜歯後、すぐに入れた入れ歯は金具ではなく歯ぐきと同じ色のばねを利用し、見た目もよくピッタリと安定しており、抜歯前より良く噛めると患者さんは大変喜ばれていました。


症例写真

治療前

症例 症例 症例

症例

治療後

入れ歯無し
症例 症例 症例

症例 症例

入れ歯あり
症例 症例 症例

症例

症例NO.9

症例を検索する
年代
治療内容
症状(矯正)


もりざわ歯科・矯正歯科:https://www.morizawa-dental.jp/

〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜3-3-1 ディナモ・ボア1階
お車でお越しの方 JR総武本線「津田沼駅」徒歩7分 京成本線「谷津駅」「京成津田沼駅」徒歩9分
バスでお越しの方 奏の杜3丁目バス停留所すぐ


TOP