ホワイトニング

    ホワイトニング

    毎日きちんと歯みがきをしていても、歯には目に見えない汚れが次第に溜まっていくもの。長年のうちにその汚れが蓄積され、歯は黄ばんでしまいます。

    そんな毎日のケアで落としきれない黄ばみや汚れを落とすのが、ホワイトニングです。

    審美歯科でのホワイトニングというと「治療費が高いのでは?」と不安に思う方もいるかもしれません。でも当院では、国立大学附属病院と同等の治療費で審美治療を行っています。

    また治療内容の説明の際には、どのくらいの治療費がかかるのかをあらかじめお知らせします。


     

    当院で行っているホワイトニング

    当院で行っているホワイトニング歯を白くするホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があります。

    オフィスホワイトニングは、歯科医院で行うホワイトニングです。歯の表面に薬剤を塗布してレーザーを当てることで、歯を白くしていきます。

    またホームホワイトニングは、患者さんがご自宅で行うホワイトニング。マウスピースを使って薬剤を歯の表面全体に行き渡らせ、歯を白くしていきます。

    より白さを持続させるためには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用すると効果的です。


    オフィスホワイトニングの特徴

    オフィスホワイトニング

    ●ホームホワイトニングよりも薬剤の濃度が濃い
    ●短時間で効果が上がる
    ●白くなったあとの色戻りが少ない
    ●歯科医院に行かなければ治療を受けられない


     

    ホームホワイトニングの特徴

    ホームホワイトニング

    ●生活スタイルに合わせて自由にできる
    ●オフィスホワイトニングよりも薬剤の濃度が低い
    ●効果を感じるまでに、ある程度の期間が必要
    ●マウスピースをつけている間は違和感がある


     

    ホワイトニングの薬剤比較

    薬剤の種類 効果 しみる可能性 特徴
    Tion マイルド 非常にマイルド

    安全でしみにくい日本製の薬剤。過酸化水素濃度は23%と比較的低濃度でありながら、ホワイトニング効果と低刺激性を両立させた新しいオフィスホワイトニング材です。

    エリカクリーム 高い マイルド

    ホワイトニングに最適な周波数の波長が出る特別なライトを使用することで、薬剤の濃度を最小限(しみない、痛くない)にしながら、最大のホワイトニング効果を発揮できます。
    低刺激で歯茎に触れても痛みを感じないため、ゴム材による歯肉保護も必要ありません。非常に人気のある薬剤です。

    オパールエッセンスブースト 非常に高い 高い

    比較的高濃度の薬剤を使用するオフィスホワイトニングの中でも、特に濃度の高い40%の過酸化水素を用いて効果を高めるのが特徴です。
    過酸化水素の濃度が高くなると痛みが出やすくなるというデメリットがありますが、硝酸カリウム(知覚過敏予防用の歯磨き粉であるシュミテクトにも配合されています。)を加えることで痛みを抑えています。
    オパールエッセンスのホワイトニングは忙しくて時間のない方、ある程度の白さを短期間で実現したい方におススメです。 光照射がなくてもできるホワイトニングなので、光過敏症の方にも対応できます。

    ※ホワイトニング効果も、痛みも、非常に個人差があります。
    オパールエッセンスでもまったく痛みを感じない人もいれば、Tionでも痛みが生じることもあります。


TOP