予防歯科

    予防歯科

    「歯医者は苦手だから、歯が痛くなってから行けばいい」

    そんなふうに思ってはいませんか。でも、まず痛くならないことがベストではないでしょうか。

    予防歯科は近年になって注目されてきた分野。「痛くなったら治療する」ではなく「お口の中の健康を維持して、痛くならないようにする」という考え方です。定期的な検診や歯のクリーニングを行い、むし歯や歯周病を予防しませんか。


     

    3か月に一度の定期検診

    定期検診

    予防歯科当院で治療を行った患者さんには、3か月に一度のペースで定期検診のご案内ハガキを出しています。

    どんなに気をつけて毎日のケアを行っていても、歯と歯ぐきの隙間などには落としきれない汚れが歯垢や歯石になって溜まってきます。歯のクリーニングで、トラブルの元となる歯垢や歯石を取り除き、お口の中をすっきりさせましょう。

    特に入れ歯を作られた患者さんは、できるだけ3か月ごとの定期検診を受診されるようお願いしています。

    お口の中の状態は、月日の流れと共にどんどん変わってくるものです。それで不具合が起き始めても、定期検診を受けていればすぐに調整できるので、違和感や痛みなどを我慢して使い続ける必要がありません。


     

    年齢を問わずブラッシング指導

    ブラッシング指導

    予防歯科大人であっても、正しいブラッシングの方法を知らない方、間違って覚えている方が意外と多くいらっしゃいます。

    当院では年齢を問わず、ご希望の患者さんにブラッシング指導を行っています。ご自分のブラッシングが正しくできているのか、一度確認してみませんか。

    また歯周病や矯正など、治療に必要だと思われる場合もブラッシング指導をしています。特に矯正治療を受ける場合、矯正器具の周囲は食べかすなどが溜まりやすいものです。事前に正しいブラッシングを身につけて、矯正中のむし歯などのリスクをできるだけ減らしましょう。

    ⇒矯正治療中のむし歯予防


     

    歯は一生の財産です!

    歯科疾患実態調査

    歯科疾患実態調査によると、32本の歯のうち、60歳で14本、80歳で27本も失います。つまり80歳では5本くらいしか残っておらず、残った歯もほとんど機能していないのが現状です。80歳で、20本以上の自分の歯があれば、何でも食べられ、楽しい食生活が送れます。

    今からでも遅くありません。「病気を予防すること」を第一に考えて、実行すれば、自分の歯で一生噛めることも不可能ではありません。

    私たちと協力して、自分の歯を失わないように頑張りましょう。


TOP