MFT(口腔筋機能療法)

    MFT(口腔筋機能療法)

    当院では、お子さまの“不揃いな歯並びの根本的な原因”から改善するため、MFT(口腔筋機能療法)に力を入れています。

    「口腔筋機能療法」とは、舌や唇、頬など、お口の周りの筋肉を強化して、正しく機能させるためのトレーニングです。

    このトレーニングは、一般的には小児矯正の分野で用いられることが多く、歯並びを悪化させている原因となっている舌の癖や、口呼吸などの習慣を改善する目的で行われます。

    また、歯や顎、顔の正常な発育を促すために、舌や唇、頬などを含めた口腔周囲筋の筋力を鍛えるトレーニングとしても行われます。

    せっかく矯正治療を行っても癖や習慣が治っていない状態では、後戻りしてしまう可能性も高いですので、長期安定を目指す矯正治療にはMFTは必須です。


     

    お子さまの歯並び大丈夫?お母さんから見る、子どもの舌癖自己診断

    舌のクセ

    悪い癖や習慣がありませんか?と言われても、ご自身ではなかなか気が付きにくいもの。また、お子さまのお口周りの筋肉がしっかりと発達しているかどうかを見極めるのも、普段の生活の中ではなかなか難しいものです。

    そこで、トレーニングが必要かどうかの判断基準として下記の項目を参考にしていただければと思います。


    子どもの舌癖チェック項目

    1. 普段の舌の位置は歯と歯の間から出ているあるいは下の前歯を押している
    2. 舌の脇に歯形のようなへこみがある
    3. 唇を閉じて鼻だけでしばらく呼吸をすると苦しい
    4. いつも唇を開けている(お口ポカン)
    5. 唇を閉じると筋肉が緊張し、オトガイ(下顎の先)にシワができる
    6. 唇を閉じるとへの字になる
    7. 水を飲むとき舌が歯と歯の間から出てコップを迎えにいく。
    8. 水を飲むとき前歯で舌を咬む
    9. 水を飲むとき唇に力が入る
    10. サ行やタ行を発音するとき歯と歯の間から舌が出る(英会話の“th”)

    判定結果

    1または2

    低舌位

    3

    耳鼻科の受信をおススメします

    4~6

    口唇が弱い

    7~9

    異常嚥下癖

    10

    発音に問題あり

    ※低位舌:安静時の舌の位置が正常位に比較して上下的に低位に定着している舌の状態
    ※異常嚥下癖:正しい飲み込みができない


    MFT(口腔筋機能療法)の目的

    まず最初に、開咬や上顎前突、下顎前突といった歯並びの不正について説明します。


    開咬(かいこう) 開咬

    口を閉じても前歯に隙間ができて咬み合わない状態。
    食べ物を噛み切るのが困難な方もいます。


    上顎前突(じょうがくぜんとつ) 上顎前突

    上の前歯が極端に前方に出た状態。
    いわゆる出っ歯です。


    下顎前突(かがくぜんとつ) 下顎前突

    下の前歯が極端に前方に出た状態。
    いわゆる反対咬合・受け口。横顔がしゃくれたように見えてしまいます。


    叢生(そうせい) 下顎前突

    歯が重なり合って凸凹した状態の不正咬合。
    いわゆる八重歯・乱ぐい歯。歯磨きがうまくできずむし歯や歯周病になることも。


     

    これらの不正咬合は生まれつきでしょうか?

    最近の研究では、その多くが口周りの筋肉が弱く、バランスが悪く、また舌の位置が悪かったり、舌の悪習癖があると起こりやすいと考えられるようになってきています。

    固定式の矯正装置を付けなくてもMFTのみである程度改善することもあります。また、矯正治療を成功させるためにはMFTの併用が必要な場合も非常に多いです。

    具体的には、普段の舌は上顎についていて、唇は楽に閉じることができ、正しい嚥下(のみこみ運動)、発音・発声をできるようにして上げることがMFTの目的です。


    口腔機能の悪習癖も不正咬合の要因です

    歯並びの成長を阻害する口腔機能の悪習癖には以下のようなものがあります。先にご案内したように悪習癖を改善することも口腔筋機能訓練の目的です。


    口呼吸

    不正咬合と顔面成長を悪化させる可能性が大いにあります。
    病原菌がのどの粘膜から直接取り組まれてしまうため、健康のためにも良いことではありません。


    舌癖

    普段何もしていない時に、舌が常に歯に触れていたり押し付けている場合はこの癖に相当します。
    舌先は上の前歯のつけねの少し手前あたりに当たっている状態が正しい位置です。
    たとえ小さな力でも舌の圧力によって歯並びは崩れてしまいます。


    舌突出癖

    授乳中心の赤ちゃんは吸引型の飲み込み(乳児型嚥下)です。
    歯が生えてきて噛む食事ができるようになってくると、噛んだものを口の中で集めて飲み込む(成熟型嚥下)ようになります。

    しかし、子どもの中には乳児様嚥下から成熟型嚥下にスムーズに移行できない子もいます。
    舌突出癖は乳児様嚥下とも言い乳児型嚥下に似ており、頬や唇に部分的な強い力が加わるため歯並びの崩れに繋がります。


TOP