小児矯正

    小児矯正 小児矯正

    「3歳児検診で、反対咬合と指摘された。」
    「子供の歯が曲がって生えてきてるんだけど、大丈夫かしら…」

    親にとって、子どもの事は自分以上に心配になるもの。見た目を大きく左右する歯並びに関することに敏感になっているお母さまもとても多いのではないでしょうか?

    当院にも、お子さまの歯並びを心配されてご相談に来られるお母さまがたくさんいらっしゃいます。

    特に反対咬合の場合、とても心配されて3歳ぐらいの時からご相談に来られる方も多いですね。

    お子さまの矯正治療は、開始するタイミングがとても重要。適切な時期に治療を始めることで、最低限の労力と費用で治療を済ませることができるのです。


     

    本当に必要になった時、矯正治療開始をおすすめします

    小児矯正

    「すぐに治療を始めた方がいですよね?」

    当院にお子さまの歯並びについてご相談に来られるお母さまから、このようなご質問を受けることが多々あります。

    「ほかの先生からすぐにでも治療をした方がいいと言われた」と言ってあわててご相談に来る方もいらっしゃいます。

    口の中の状態は患者さん一人ひとり異なりますので、骨格や口元の出方、角度などから治療開始のタイミングを見極めていきます。

    矯正は長期安定性が重要です。時間だけ長くかかってしまうケースもありますから、早く始めればいいというものではありません。

    例えば、歯が大きくてガタガタの子は、拡大床で歯列を拡大して一時的に歯を並べたとしても、12歳臼歯が生えてくると、また収まり切れなくなってしまい歯並びが崩れてしまうケースがあります。出っ歯の子は、永久歯列になって抜歯治療を行うことで、口元を引っ込めることができ、顔の審美性を向上させ、しかも口が閉じやすくなる機能性も獲得できます。

    子どもの歯並びは、成長力を使って将来的に歯を抜かずに直せる場合も多くありますが、その子の病態・症状、性格を把握し、希望を聞きながら、一人ひとりに合わせた治療を行っていくことが大切です。保護者の方は、子どもの歯並びがおかしいことはわかっても「いつ始めるべきか」「どんな矯正をすべきか」はわかりません。そんな疑問に対して専門家として的確な診断を下し、最善の治療を提供することを、もりざわ歯科・矯正歯科では常に心がけています。

    ですから、初診相談時に「まだ治療を開始する時期ではないです」そのようにお答えすることもあります。

    カウンセリング中、本当に今すぐに治療をしなくて大丈夫かというお母さまの不安な気持ちはひしひしと伝わってくるのですが、そのようなお母さまのお気持ちも汲んだうえで、専門家としての適切なジャッジメントを行い「最適な治療のタイミング」をお伝えするように心がけております。


     

    前歯が生え代わる頃に歯列拡大を

    「それじゃあ、永久歯が生えそろう前は矯正治療をしても無駄なの??」

    そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、早くから矯正治療を始めるメリットももちろんあります。

    永久歯が生えそろう前から治療を始める最大のメリットは、成長発育を利用して顎を広げることができるという事。

    顎の拡大は大体7-8歳の前歯が生え変わるタイミングがベストで10歳を過ぎると拡大できなくなってしまうため、歯を並べるための広いスペースを確保するという意味でも軽度叢生に対して早期治療が有効な場合があります。

    また、この「顎を拡大」は、歯を並べるスペースを確保するという目的の他、鼻呼吸を確立させる補助の目的でも行われます。

    上顎を広げてあげることで、その上にある鼻腔も広がりるため、気道が確保されて鼻呼吸がしやすくなるのです。


     

    トレーニングのみで歯並びが改善することも

    小児矯正

    ・いつも口が開いていて、口呼吸をしている
    ・指しゃぶりをしている
    ・くちびるを咬んだり、吸ったりする癖がある

    このようなお子さまの癖はありませんでしょうか?

    上記のような癖は、実は歯並びを悪くしてしまう原因にもなってしまうもの。 逆に言えば、このような癖が原因で歯並びが悪くなっている場合、これらの癖を治すことで歯並びが改善することもあるのです。

    当院では通常の矯正治療に加え、歯並びに影響を及ぼしてしまうような癖を治すトレーニング(MFT)にも力を入れています。

    トレーニングは大人の方にも行っておりますが、順応性の高い子供のうちに悪い癖を修正することで、大人になってから苦労しなくても済むようになります。

    →MFTのページへ


     

    お母さまへ、ご協力のお願い

    お母さまへ

    お子さまの矯正治療において、お母さまに協力をしてほしいこと。それは、お子さまのご自宅での様子や言動を、是非、私共にそのまま伝えて頂きたいという事です。

    ユニットの上では「大丈夫だったよ!」と元気に言っていても、家では違うというケースも多いでしょう。

    お子さまの個性が一番よくわかるのが、お家でリラックスしている時のその子の状態。その時の様子をぜひ教えて頂ければと思います。

    怖がりな子なのか、大胆な子なのか。矯正治療には積極的なのか、消極的なのか。

    例えば、拡大床の「ネジを回す」という行為一つにとっても、その子の個性に合わせて回す幅や回数を変えることで矯正治療にかかるストレスもだいぶ減らしてあげることができます。

    お子さまの性格や個性に合わせて、無理なく矯正治療が進められるよう、精いっぱいサポートして参りたいと考えておりますので、是非ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


TOP