むし歯治療

    一般歯科

    むし歯とは、お口の中にある細菌によって、歯が溶かされてしまうこと。ごく初期のむし歯以外は、溶かされてしまった部分を削って取り去り、穴の開いた部分を詰め物や被せ物で塞ぐという治療を行います。

    でも天然の歯は、一度削ってしまったらもう二度と元には戻らない貴重な物。そして天然の歯は、強い力がかかっても大丈夫なようにしっかりと設計されています。それを削ってしまうと、歯の強度も落ちてしまうのです。


     

    なるべく削らない・抜かない治療

    なるべく削らない・抜かない治療

    当院では天然の歯をできるだけ多く残すため、なるべく削らない治療を心がけています。

    「初期むし歯」って聞いたことがありますか?

    初期むし歯とは、まだ歯に穴が開いていないむし歯のことです。特徴は白く濁った色をしています。初期むし歯は歯科ではC0とかホワイトスポットとも呼ばれています。「初期むし歯」の段階ならば、唾液の働きを応援すれば、むし歯の進行が止まり、再石灰化によってもとどおりのきれいな歯に戻せます。

    初期むし歯が進行して、歯に穴が開きはじめてしまうC1以上の歯は、もとどおりに治ることはありません。C0とC1では同じむし歯でも大違いです。


     

    むし歯は早期発見して、もとに戻す時代です

    むし歯の予防法が確立されていなかった頃は、むし歯といえば早期発見、早期治療で、むし歯が大きく広がらないうちに削って詰める治療をしようという考え方が主流でした。しかし現在は、普段から予防を心がけ、むし歯になっても早期に発見し、再石灰化を促していこうという考え方と変わってきています。

    再石灰化とは、唾液の持つ機能で、唾液によって酸の力が打ち消され、歯から溶けだした「カルシウム」と「リン酸」という成分が歯に戻っていくことです。

    再石灰化を促せば、むし歯がもとどおりのきれいな歯に戻るのです。


     

    むし歯にならないために むし歯のメカニズム

    むし歯(う蝕)は、プラーク中の細菌(ミュータンス菌、ラクトバチラス菌など)の感染によって起こります。細菌は、飲食した食べ物から栄養を取り、酸を作ります。この酸によって歯が溶かされてしまった状態がむし歯(う蝕)です。

    人間のからだには、この酸と闘おうとする抵抗力があり、人によって程度の差はありますが、唾液や歯の質などがその力です。

    しかし、酸にさらされる回数が多かったり、時間が長かったりすれば、酸との闘いにやぶれ、むし歯(う蝕)になってしまいます。つまり、細菌と体の抵抗力の闘いともいえるのです。


     

    むし歯と食事の関係

    むし歯へのなりやすさは、食事の取り方によっても大きく変わってきます。

    口腔内は、食事を取ると数分で酸性になり(pHが低くなる)、歯の表面の成分(カルシウム・リン)が溶かされはじめます(脱灰)。その後、40分ぐらい時間がたつと、pHは高くなり、溶かされた歯の成分はもとにもどされます(再石灰化)。

    つまり、歯が酸にさらされる時間をなるべく少なく、再石灰化の時間を十分に取ることによって、むし歯のリスクを抑えることができるのです。

    お菓子や甘い飲料(スポーツ飲料も含みます)をちょこちょこ摂取していると、お口の中が酸性になり、むし歯になりやすくなります。間食は控えて、歯が再石灰化する時間を確保しましょう。


    一般歯科

     

    攻めの予防で歯を守ろう!

    それでは、もうすでに穴が開いてしまっている歯がある場合、『予防は必要ない』のでしょうか。

    そんなことは決してありません。お口のなかのプラークをしっかりと取り去り、フッ素を使ったりカルシウムやリン酸を補うなどしてより積極的なむし歯予防に取り組むと、穴がふさがらないまでも、むし歯の進行を止めることが可能だからです。

    また、すでに治療をしてあるところに、新たにむし歯が入り込んだり、残りの健康な歯にむし歯ができてしまうトラブルを防ぐことができるのです。


    定期検診が重要! むし歯のない人生を

    メンテナンス

    むし歯とは、あるとき突然に穴が開いたり、痛みが出たりして始まるものではありません。むし歯にも始まりがあり、その始まりが白濁です。これを見逃し、口内環境を改善せずに放置することで、次に小さな穴が空き、進行して段階的に大きくなっていくのです。

    しかしながら、口内環境を改善すれば、次々にむし歯ができ広がってしまう悪循環を止めることができます。しかし実際に患者さんがご自分で歯の白濁を見つけるのはたいへんなこと。直接見えない歯の間など、場所によってはプロでも見つけることが難しいむし歯もあります。

    もしも、むし歯のない人生をお望みであれば、まずは治療のためにではなく、予防の指導を受けるために歯科医院を受診してください。そして、定期的にメンテナンスを受けて、プラークコントロールがうまくいっているか、初期むし歯がないかどうかをチェックして、再石灰化を促進させる歯磨き剤やジェルを継続して使っていくことが大切です。

    車や家が、定期的なメンテナンスによって美しく、長持ちするように、口腔内の健康についても同じことが言えます。

    わたしたち歯科医師と歯科衛生士はそれぞれの役割りを通して、みなさまのホームドクターでありたいと願っています。ぜひ、決められた来院日と、毎日のパーソナル・プラークコントロール(ホームケア)を守り、あなたの健康を増進してください。


TOP