院長・副院長あいさつ

    院長あいさつ

    院長

    はじめまして。もりざわ歯科・矯正歯科の院長、守澤正幸です。

    私は兵庫県加古川市の生まれです。高校卒業後、東京医科歯科大学へ進学するために上京して、大学院終了後もそのまま東京に残り、東京医科歯科大学補綴学分野(被せ物や入れ歯専門の分野)に25年間勤務しました。25年間の間には治療のかたわら、多くの歯科医師を教育してきました。

    私が診療において大切にしていることは、とにかく患者さんの立場に立って丁寧な治療を行うという事。たとえ保険治療であっても、時間と制度の許す限り、なるべく良い治療を提供したいと思っております。

    例えば、保険治療に使う材料も吟味。私自身がその精度や性能に納得したものしか使いません。必然的に材料費が高くなってしまうのですが、良い材料を使ってあげることでその後のむし歯の発生率が抑えられたりするのです。

    私たちを信頼してきてくださる患者さんの期待に応えられるよう、見えないところにもこだわった誠実な診療を行っていきたいと思っております。


     

    地域のかかりつけ医として

    院長

    私が津田沼の『奏の社』を開業場所に決めたのは、さまざまな年代が集まり躍動していく、とても魅力的な場所に感じたからです。

    また、大学病院時代から私が治療をしてきた患者さんが通いやすいJR津田沼駅から近いということもあり、ここで私が25年培った全てを使って社会に貢献したい。そのような想いで開業しました。

    私は、地域の皆様に信頼される歯科医院であるためには、高い技術力を持ち合わせていることはもちろんのこと、困った時にすぐに頼れる存在でなければいけないと思っています。

    そのため、当院では急患もなるべく断らないようにしています。

    歯の痛みはとてもつらく、耐えがたいもの。患者さんが本当に苦しんでいる時に手を差し伸べられる存在でありたいと思っています。

    その分、少しお待たせしてしまうこともあるかもしれませんが、ご理解いただければ幸いです。


     

    患者さんの満足が、なによりの喜び

    院長

    私は患者さんに「先生、噛めるようになりました!食べられるようになりました!」と治療を喜ばれる瞬間が、何よりも一番幸せを感じます。

    私が専門とする入れ歯治療は特に、今までの治療に満足できずに当院にいらっしゃる方が多いですね。

    入れ歯は、歯科医師であれば誰にでも作れるものではありますが、本当に患者さんが満足する入れ歯を作るのはとても難しい、奥の深い分野。細かな要求には対応できない医院がほとんどかと思います。

    私は、大学時代の25年間入れ歯を専門として治療してきましたので、他の医院では対応できないような難しい症例にでも対応が可能。おかげさまで、遠方からでも入れ歯製作のために当院に来て下さる患者さんも増えてきました。

    今まで満足できる入れ歯に出会えなかった患者さんが、自分の作製した入れ歯に満足して頂けたとき、歯科医師としての生きがいと人生の喜びを感じます。

    補綴専門医として長年の経験と研究を通して培ってきた技術と知識で、これからも、安心・安全・心のこもった歯科治療を行っていきたいと思っております。


     

    院長プロフィール

    院長

    もりざわ歯科・矯正歯科 院長 守澤 正幸

    【経歴】

    1986年
     国立東京医科歯科大学卒業 同大学院博士課程 修了
     東京医科歯科大学 補綴学講座助手
     医局長,義歯外来長,模型実習主任指導者
     臨床実習主任指導者 歴任
    2000年
     筑波大学聾学校 歯科技工科非常勤講師 兼任
    2002年
     東京医科歯科大学 歯科技工士学校講師 兼任
    2007年
     医療法人社団 心和会 新八千代病院 歯科部長

    【資格】
    歯学博士
    日本補綴歯科学会 専門医,指導医
    日本老年歯科医学会 認定医,指導医,代議員


     

    副院長あいさつ

    副院長

    はじめまして。もりざわ歯科・矯正歯科、副院長の守澤郁子です。私は当院で矯正治療を担当しております。

    そして副院長として、当院が「赤ちゃんからお年寄りまで」全てのライフステージの患者さんが困ったときに頼れる医院であることを目指します。

    補綴(被せ物や入れ歯)専門医としての腕ならピカイチの院長を柱に、矯正一筋の副院長の私、更には小児歯科専門医など、スタッフ一丸となって患者さんのご要望にお応えしていきたいと思っております。

    当院では、身体的な面だけでなく経済的な面から考えても、患者さんの負担とならない治療を心がけています。そうでなければ、患者さんのお口の中の健康を長期的に守っていくことはできないと思っているからです。

    「治療をして、本当に良かった」と、患者さんにおっしゃっていただくことが、私たちの最大の目標です。皆さんと共に、歩んで参りたいと思います。


     

    矯正治療が、私の人生を明るく変えてくれた

    副院長

    私が矯正という分野に興味をもったきっかけ。それは自分が矯正治療を受けた経験からでした。

    私の歯並びはかつて、とってもひどいもので、おまけに出っ歯でした。意を決して矯正をしてもらったところ、口元はすっきり!綺麗な歯並びになったときは、本当に感動しました。

    矯正をする以前は、実は笑うのが怖かったです。でも矯正治療がくれた『笑顔への自信』は、その後の私の人生を、明るく変えてくれました。

    そこから大学は歯学部に入り、私はできるだけ多くの症例に触れたいと、学生の頃から矯正歯科医院で歯科助手のアルバイトをしていたのですが、そこで治療を終えた患者さんの喜ぶ顔を肌で感じたのです。

    自分の歯が治った経験と学生時代の経験から『矯正治療には人を幸せにする力がある!』そう感じて矯正医になることを決意しました。


     

    矯正治療を通して、患者さんの人生とかかわりあう喜び

    副院長

    矯正治療は、患者さんと長期間にわたって関わり合い、患者さんと一緒になって改善していく治療。時には、患者さんのいろんな価値観に触れ、共有し、一緒に幸せな方向に向かっていける喜びを感じることもできます。

    私が担当した患者さんで今でもとてもよく覚えているのは、当時中学生ぐらいの男の子。前歯がすきっ歯なのがコンプレックスで、いつもマスクを着けている子でした。

    学校にも行けてないらしく、いつも暗い顔をしてあまり話さない子だったので、2年ぐらいに及ぶ矯正治療中も、特にプライベートな話はあまりしていなかったのを覚えています。

    ですが、治療が終わり、いよいよ装置が外れた時、珍しく男の子の方から話しかけてきてくれたんです。こちらもビックリするぐらい、いろんなことを話してくれました。

    自分の悩みと夢、自分がこれからどういう人生を歩みたいのか。本当にたくさん話してくれました。

    そして最後、「先生なら肯定してくれると思った。僕絶対がんばるから。」と言って、笑顔を見せてくれたのです。

    その数年後、彼から、以前話してくれた「自分の夢」に向かっているというハガキをもらいました。本当に嬉しかったですね。

    彼の人生にかかわれたこと、幸せな方向に向かっていけたこと、そういう喜びを感じながら、これからも治療を続けていけたらと思っております。


     

    副院長プロフィール

    副院長

    もりざわ歯科・矯正歯科 副院長 守澤 郁子

    【経歴】

    2004年3月
    東京医科歯科大学歯学部卒業
    2004年4月
    東京医科歯科大学顎顔面矯正学分野入局
    2007年3月
    顎顔面矯正学分野専攻課程修了修了証授与
    2007年4月
    矯正専門の歯科医院で勤務
    その他数か所の歯科医院で矯正歯科医として勤務
    2013年12月
    日本矯正歯科学会認定医取得

    【資格・所属学会】
    日本矯正歯科学会認定医
    日本舌側矯正学会 所属
    日本臨床矯正歯科学会 所属
    日本歯科審美学会 所属


     


TOP