審美歯科

    審美歯科

    ・銀歯を白くしたい
    ・お口の中をメタルフリーにしたい

    最近では、美意識や健康意識の高まりから、このようなご要望をいただくことが多くなりました。

    当院では、基本的に保険治療を中心に行っておりますが、保険治療ではどうしても使える材料に制限が出てしまうため、本物の歯に近い透明感や色合いを再現することはどうしても難しいのが現状。そこで、より審美性や機能性を求める方には、材料に制限のない自費治療をご紹介しております。

    自費治療は保険治療に比べ、どうしても金額が高額になってしまいますが、その機能性・耐久性などを考慮すると必ずしも高いとは言い切れません。

    治療前には、補綴専門医の院長が、患者さんの状態やご要望に合わせて適切な材料や治療法をアドバイスさせていただきますので、まずはお気軽にご相談下さい。


     

    仮歯でイメージを確かめながら、ご納得のいくお口元に

    審美歯科

    仮歯とは、最終的なかぶせ物が入る前に、一時的に使用される歯のことを言います。

    本来は、治療中も食生活などに不自由がないよう、歯の機能を補うために作られるものですが、当院では自費、保険にかかわわらず、この仮歯の工程をとても大切にしております。

    技術的には、仮歯を入れておくことで型取りがより精密にできるようになるというメリットがあるのですが、審美的な面においても、本番の歯を作る前に仮歯を入れて患者さんに色や形、歯茎のラインや周りの歯との調和などを確認していただくことで、より患者さんのニーズに合った歯をつくることができるというメリットがあるからです。

    特に自費治療の場合、患者さんの審美的なご要望に応えるために、何度も仮歯を作ってイメージを確かめながら色や形を調整しますね。

    患者さんの理想に限りなく近いお口元を表現できるよう一生懸命サポートいたしますので、細かなご要望でも是非ご遠慮なくご相談下さい。


     

    信頼できる技工士とのタッグ

    審美歯科

    精密で審美性に優れた補綴物を作製するには、なんといっても優秀な技工士さんの存在が欠かせません。

    「技工士」と一言で言っても、実は技工士さんよって、得意分野はさまざま。入れ歯が得意な技工士さんもいれば、セラミックなどの審美分野が得意な技工士さんもいます。

    当院では複数の技工所と取引を行っておりますので、それぞれの得意分野によってお願いするものを振り分けておりますが、中でも審美の分野においては、大学でもTOPレベルの技術を持っていた技工士とタッグを組み、治療に当たらせていただいております。

    当院では、技工物の精度にはとても細かく厳しく要望を出すのですが、その技工士さんとはもう40年ほどのお付き合いになりますので、当院のそういったこだわりや方針も理解していただき、非常に細やかなところまでこだわった繊細な仕事をしてくれますね。

    色や形、周りとの調和など、技工士と意見を交わしながら納得できるものを作り上げております。


     

    当院で扱っている審美メニュー

    一言で「審美歯科」といっても、どのようなお口元にしたいか、美しさの価値観は人それぞれ違います。 また、お口の中の状態や位置によっては、より機能性を重視した材料の方が適切な場合もあります。

    当院では、患者さんからのさまざまなご要望にお応えできるよう、さまざまな審美メニューをご用意。

    また、治療前に十分なカウンセリングを行い、患者さんのご理解とご納得の上で、患者さんにとってより良い治療をご提供できるように努めておりますので、まずはお気軽にご相談ください。


    ゴールド(白金加金)

    ゴールド(白金加金)

    いわゆる「金歯」と呼ばれるものになります。

    見た目が金色ですので審美性には劣ってしまいますが、機能的な面からみると、セラミックなどの材料よりもゴールドの方が優れていると言えます。

    ゴールドの最も大きな特徴として挙げられるのは、「歯との適合が非常に良い」という事。歯にピッタリとはまるので、歯との隙間からむし歯が発生し、2次カリエスとなってしまうリスクを減らすことができるのです。

    審美性という面から前歯には使いにくいですが、奥歯のインレーなどにはおススメの素材です。


    オールセラミック

    オールセラミック

    オールセラミックは、すべてセラミック(陶器)からなる歯科材料です。

    金属が一切使われていませんので金属アレルギーのある方でも安心して使っていただけるのはもちろん、透き通った白さで自然な光を透過しますので、審美的にも非常に優れています。

    前歯の治療など、審美性が重視される場合におススメの素材です。


    ハイブリットレジン

    ハイブリットレジン

    従来のプラスチックとセラミックの複合材料です。強度・色調はちょうど両者の中間的位置にある材料で、あまり硬すぎないので周囲の歯や噛み合う歯を傷つけにくいという特徴があります。

    透明感という面ではオールセラミックには劣りますが、料金的にはセラミックの約7割程度。 経年により多少色が変色してしまうことがありますが、保険で使われてるプラスチック素材よりは変色のスピードは抑えられます。


    メタルボンド

    メタルボンド

    メタルボンドとは、金属のフレームにセラミックを焼き付けたものになります。

    表面をセラミックで覆っているため、美しい色調を再現することは出来ますが、フレームが金属でできているため透明感という面では劣ってしまいます。

    ただし、フレームを金属で作製しているため、強度が高いことから、奥歯の治療には向いている治療法と言えるでしょう。 価格的にも、オールセラミックよりも安く作ることが可能です


TOP