院内ツアー

    受付

    受付

    ご予約の相談はもちろん、治療中の疑問・質問なども承っております。どうぞお気軽にお尋ねください。

    また、歯ブラシなどのデンタルグッズを販売しております。むし歯予防に役立ててください。


     

    待合室

    待合室

    待合室外光が入る明るい待合室でリラックスしながら診療をお待ちください。


    キッズスペース

    また、キッズスペースを完備しておりますので、小さなお子さまをお連れの患者さんも安心して診療をお受けいただけます。


     

    診療室

    診療室

    患者さんのプライバシーに配慮して、各ユニットをパーテーションで仕切っております。常に気持ちよく使用していただくために、感染対策や滅菌には細心の注意を払っています。

    各ユニットにはモニターを設置しており、患者さんのお口の中のレントゲン写真を映しながらご説明することで、わかりやすい治療案内ができるよう心がけております。


     

    カウンセリングルーム

    カウンセリングルーム

    個室の診療室で、初診やカウンセリング、矯正治療の計画などのご説明を行います。

    お悩みはもちろん、費用や期間のことなど、どうぞお気軽にご相談ください。


     

    デジタル口腔内スキャナー itero

    itero

    当院ではデジタル口腔内スキャナー「iTero Element」を導入しております。

    現在、歯科医療現場で使用されている3Dスキャナーはいくつか種類がありますが、その中でもインビザライン矯正のための型取りにも対応しているのはiTeroのみ。

    より精密な型取りが可能になるのはもちろん、治療のシミュレーションもより細かく正確に算定することができるようになるため、より確実な治療結果を届けることができるようになりました。

    矯正治療以外でも、つめものや被せ物を作成する際の型取りとしても利用できますので、「型を取る時の粘土のような材料が苦手。。」という方も楽に治療を受けて頂くことができます。


     

    歯科用CT(Kavo OP 3D vision)

    歯科用CT

    もりざわ歯科・矯正歯科では、安全で正確な治療を行うために、KaVo歯科用コンビームCTを導入して、患者さんの診査・診断に活用しています。

    CT画像から得られる豊富な情報より、これまで診ることができなかった歯を支える歯槽骨の幅、量、歯根の長さ向きを3Dでわかりやすくみることができます。


    1.低い被曝線量

    総合病院などで使用されている医科用CT の10~100分の1の被ばく線量で撮影ができます。
    これは、東京からニューヨークに行く際に飛行機内で受ける被曝線量と同様の低さです。


    2.わかりやすい説明

    患者さんに安心して治療を受けていただけるように、3D画像を用いてさらにわかりやすい説明を行います。


    3.安全な治療

    3Dデータによる豊富な情報量により、これまでのレントゲン診断が難しかった部分も正確な診断が行えます。


    デジタルレントゲン

    デジタルレントゲン

    胸のレントゲンなどを撮るのに比べ、歯は面積が小さいので被爆量はほとんどありません。加えて、デジタルレントゲンを使用することによって、その被爆量をさらに約1/5程度にまで削減することができます。

    また、デジタル操作により撮影画像を拡大することができるため、綿密な治療計画を立てることができます。


     

    感染対策

    感染対策

    患者さんの安全確保と新型コロナウイルスの感染防止のため、以下のようにシステムを再構築しました。

    感染対策の専門家に意見を聞きながら状況に応じて随時変更・追加をしていく予定です。


    1. 予約枠を半分にして、診療室も待合室も密にならない診療体制にします。
    2. 定期健診、クリーニングなどの処置は随時先延ばしにさせていただく体制を取らせていただきます。
    3. 引き続き、新型コロナウイルス感染対策を徹底して行います。
      • 入口ドアおよび裏口ドアの開放による充分な換気
      • 待合室に次亜塩素酸空間除菌脱臭機(ジアイ-ノ)の導入
      • 1時間ごとの次亜塩素酸スプレー噴霧による空間消毒
      • ドアの取手、トイレや洗面所など共有部分のタイフレッシュ・ミスト・プラスでの1時間に1回の消毒
      • スリッパの滅菌消毒機の導入(滅菌機に入れる前にタイフレッシュ・ミスト・プラスで消毒してから滅菌機に入れています)
      • 診察券・紙幣硬貨の消毒
      • 当院スタッフの午前・午後2回の検温
      • 診療着の次亜塩素酸スプレーによる消毒
      • 当院スタッフのN95マスクの上から2重に通常マスク、ゴーグル、アイガードの使用
    4. いつも通りの診療感染防止システムを行います。
      • 患者さんごとのグローブ交換
      • 患者さんごとのタービンヘッド・タービンバー・エンジンヘッド・エンジンバー・超音波チップの滅菌交換
      • 患者さんごとのユニットチェアーのタイフレッシュ・ミスト・プラスでの消毒
      • 治療時の口腔内から飛散する噴霧・ウイルスを口腔外バキュームにて吸引

    ※感染対策は換気を充分に行うことが大切で、空気の流れを作るために、ドアの開放をしています。また、次亜塩素酸は空気中の消毒効果が期待できます。一方で、使用済みチェアや家具消毒は次亜塩素酸では効果が弱く、HIV、B型肝炎、C型肝炎を不活化させる、ウイルスにも効果があるタイフレッシュ・ミストプラスでの拭き取りが有効と考えています。 待合室に論文・ポスターを掲示させていただきます。


     


TOP