アンカースクリューを用いた矯正治療

    インプラント矯正

    アンカースクリューを用いた矯正治療とは、顎の骨にアンカースクリューを埋め込み、そのアンカースクリューを支点(固定源)としてより効率的に歯を動かすための治療法です。

    通常の矯正治療の場合、歯と歯に装置を付けてお互いに引っ張り合いをさせることで歯を動かしていく方法を取っているのですが、この方法の場合、片方の歯だけを動かしたくても、装置をつけたもう一方の歯の方も引っ張られて動いてしまい、コントロールが非常に困難でした。

    そこで、歯の代わりにアンカースクリューを使って歯を引っ張ることで、想定した位置に正確に歯を動かすことを可能にしたのが、この治療法です。材質は人工関節、人工歯根にも使われるチタン製ですので、人体への為害性はなく安全な材料です。

    アンカースクリューを用いることで、今まででは難しいとされていた歯の動きが可能となったため、対応できる症例の幅がさらに広がりました。

    ただ、「アンカースクリュー(インプラント)を歯茎に埋め込む」というと、不安に思われる患者さんも多いも事実。 ここでは、皆様のそんな不安や治療で使われる装置などについてご紹介していきます。


     

    施術時間は約10分。痛みもほとんどありません。

    痛みもほとんどありません

    アンカースクリューを埋め込む処置は、実はほとんど痛くありません。

    施術も10分程度で終わるため、当院でアンカースクリューを埋め込まれた患者さんのほとんどが「痛くなかった」「意外と楽だった」とおっしゃいます。

    また、アンカースクリューを埋入した際には抗生物質をお出ししますので術後に化膿することもなく、普段と変わらない日所生活を送っていただくことができます。

    ただ、当院で当院で歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療(インプラント矯正)についてのご相談をされる方は、どちらかというと、痛みがないことは頭ではわかっていても、精神的な不安が大きくて踏み出せない、という方が多いですね。

    実際に治療を開始する場合は、そういった患者さんの精神的な不安もなるべく取り除いた状態で治療に入れるよう、また、どうしても怖くてできない場合は無理におススメせず、その他の方法でできる限りカバーできるよう、充分に話し合いながら治療をすすめるようにしておりますので、まずは一度、ご相談にいらしてみてください。


     

    歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療の種類

    一言で、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療(インプラント矯正)と言っても、実はさまざまな種類がございます。

    当院では、一般的によく使われている「歯科矯正用アンカースクリュー」の他、次世代の矯正ともいわれ、千葉県内でもまだ導入医院の少ない「口蓋型矯正アンカースクリュー(i-station)」の2種類を取り扱っています。


    歯科矯正用アンカースクリュー

    アンカースクリュー

    歯科矯正用アンカースクリューとは、医療用チタン合金でできた、長さが7~10ミリの小さなネジのようなもので、歯を動かしたい方向の歯茎にネジを埋め込み、そのネジを固定減として歯を引っ張る方法です。

    とても小さなネジで、比較的気軽に利用できる装置ではありますが、デメリットとしては、一方方向にしか歯を動かすことができないので、複雑な動きに対応する場合は、アンカースクリューを何本も埋入しなくてはいけないことになります。

    また、埋め込む位置や骨質などによって、約1割程度の確率でグラグラして使えなくなったり、抜け落ちてしまったりすることもあり、その場合は再度、埋入し直しをすることとなります。

    当院では、矯正用アンカースクリューは何本埋入しても一律の料金(税抜50,000円)にしておりますので、たくさん埋入することになって料金がどんどん加算されていくといったことはありませんが、患者さんには精神的な負担がかかってしまう場合もございます。

    治療前にある程度の目安などをお伝えさせて頂きますのでますは一度ご相談下さい


    メリット
    • 小さなネジのため簡単に埋入することができ、違和感もほとんどない。
    • ヘットギアなどの目立つ装置や違和感の強い装置を付ける必要がなく、快適に治療をすすめることができる。
    デメリット
    • インプラントを埋める位置や骨質によって、抜け落ちてしまう場合がある。
    • 一方向にしか動かすことができないため、複雑に歯を動かしたい場合は何本もインプラントを埋入する必要がある。

     

    口蓋型歯科矯正用アンカースクリュー(i-station)

    I-station

    i-station(アイ・ステーション)とは、従来のインプラント矯正が一方向にしか歯を動かせなかったのに対し、3次元的に歯を動かすことを可能にした口蓋型矯正用アンカースクリューです。

    2本のアンカースクリューを埋入する必要がありますが、その2本を埋め込んでさえしまえば、あとはアームと呼ばれるワイヤーを装着するだけで、あらゆる方向に、自由に力をコントロールすることができるようになります。

    そのため、複雑な動きを求められる治療の場合、従来はアンカースクリューを多数埋め込まなければいけなかった症例でも、i-station(アイ・ステーション)を使うことにより2本のアンカースクリューを埋入するだけで済むようになりました

    また、i-station(アイ・ステーション)の場合、骨が安定している「口蓋」にインプラントを埋め込むため、アンカースクリューの様に抜け落ちてしまうこともほとんどありません。

    このように実質的な患者さんの負担は従来の歯科矯正用アンカースクリューに比べてとても少なくなるのですが、口蓋にインプラントを埋め込むという精神的な不安から治療を躊躇される患者さんもいらっしゃるのも多いです。 その場合は、従来の矯正用アンカースクリューでできる限り対応させていただきます。


    メリット
    • あらゆる方向に歯が動かせるため、細かな調整も出来て仕上がりがよりキレイになる。
    • 通常の矯正治療では治すことができない症例に対応できる。
    • 従来、外科矯正が必要だった症例でも、施術をしないで治すことができる場合がある。
    • アンカースクリューは2本のみであらゆる方向に力を向けることができるため、治療中に何本もアンカースクリューを埋入する必要がなく、患者さんの肉体的な負担が少ない
    • 抜け落ちてしまうことが少ない。(定着率が非常に高い)
    デメリット
    • 口蓋にアンカースクリューを埋め込むという事での、精神的な患者さんの負担が大きい

     


TOP